単身者の引っ越し 費用を安くするための極意

単身向け引っ越し費用を大幅に下げるテクニック

 

引っ越しをされる方は誰でも、「できる限り費用を抑えて効率的に引っ越しを済ませたい」と考えていることでしょう。

家族全員のスケジュールを合わせてから日程を決め、ある程度時間をかけて引っ越し作業をすることになるご家族の引っ越しに比べ、単身で引っ越しをされる方は、都合さえつけばすぐにでも引っ越しをしたい方も多いのではないでしょうか。

しかし、急いで引っ越しをするということは、引っ越し業者に依頼をしてから引っ越し日までの日数が少なく、タイトなスケジュールになってしまいがちです。

すると、業者としてもトラックや作業スタッフを確保するのが難しかったり、繁忙期であれば希望に沿える日程を調整するために労力を要することで、見積もり料金が高くなってしまう場合もあります。

 

そこで、できる限り費用を抑えるためのテクニックを紹介したいと思います。

 

■単身プランなどお得なプランを利用する

単身者専用の引っ越しプランを用意している業者も少なくありません。

一括見積サービスを使った場合、多くの業者からはまず概算の見積もりをもらうことになりますが、そこから単身者用のプランを紹介されることもあります。

ただし、荷物の量や距離に制限があるので、プラン適用の条件はちゃんと確認してから申し込むようにしましょう。

 

■希望日程を複数挙げておく

繁忙期の場合は、どうしても希望通りに日程を確保できるかどうか難しい状況になりがちです。

ですので、もし希望日を複数用意できるのであれば、業者の都合に合う日程があるかもしれず、その日程によっては料金を下げることもできます。

ただし、ここでは必ず「希望日を明確に伝える」ようにしましょう。

引っ越し業者が嫌がるのは「あいまいな情報」で正確に見積もりが査定できないことだからです。

 

■相見積で複数の業者と価格交渉する

複数の業者から相見積を取ることで、価格を倍以上下げることも可能です。

一括見積サービスを利用すると簡単に相見積ができるので便利です。

 

■大きな家具や家電は新居先で新しく調達する

家具や家電が大きいと、引っ越し用のトラックサイズも大きくなり、その分引っ越し料金が高くなってしまいます。

もしダンボールに入れる荷物だけで済むと「引っ越し料金が数万円から10万円近く安くなる」という金額が算出されたら、家具や家電をリサイクルショップ等で買い取ってもらうのもありだと思います。

思い入れのあるものだけを持っていき、新居で家具や家電も新しくなれば、さらに新鮮な気分で新しい生活を迎えられるでしょう。

 

引っ越しには、物件の契約も含めると、普段使わないようなかなり大きな金額が動くことになります。

また、引っ越し後は何かとお金が入り用となる場合が多くなるかもしれません。

上記を参考にして、上手に引っ越し節約をしてみて下さい。

公開日: