1人暮らしの引っ越し 費用を安くするための極意

引っ越し料金の概算見積もりって合ってるの?

      2016/10/22

引っ越しの準備を徐々に始めている状況の方は、作業の一環として「引っ越し業者選び」をされると思いますが、最近ではインターネット上のウェブページに「引っ越し一括見積サービス」があるため、そのサービスを活用して複数の引っ越し業者からまずは「概算見積もり」をもらうことができます。

ただ、すでに一括見積サービスを利用された方の声を聞くと「概算見積もりの時と最終的な見積もりで金額が大幅に違う」というケースも少なくないようです。

金額がかけ離れているのであれば、一括見積サービスは使わずに最初から引っ越し業者に直接連絡して見積もりをもらった方が無駄にならない気がします。

では、実際に概算見積もりをもらう意義はあるのでしょうか?

概算見積もりと正式な見積もりとで金額が近くなることはあるのでしょうか?

 

それは、「金額が大幅に違ってしまう原因」を考えてみるとよく分かります。

一つには、「私たち利用者が一括見積もりサービスで情報を入力する際に、引っ越しに関連する情報を詳細に伝えていない」ということが考えられます。

例えば、荷物情報を実際よりも少なく伝えたり、住所情報が番地やマンションの階数まで伝えていないとすると、最終的な見積もりよりも大幅に金額が低い概算見積もりが出されてしまうでしょう。

ただし、これは入力した利用者が悪いわけではありません。

一括見積サービスの利用の仕方がまだよく分からず、まずは簡易的に使ってみようということで情報を細かく入力することをしなかった、あるいはウェブページの入力する箇所が限定されており、十分な情報を伝えることができない仕様となっていた、ということが考えられます。

 

上記は入力による原因ですが、もう一つ業者側の原因もあります。

それは「たとえ詳細に記入された情報が一括見積サービスから自動送信されてきたとしても、概算見積もりということで業者の担当者が細かい情報まで見ないままに見積もりを作成してしまった」ということもあり得ます。

ただし、どの業者がどの程度、利用者からの見積依頼情報をしっかりと確認したか?を知ることは難しいため、結局は「概算見積もりの段階で業者選定をしないほうがいい」ということになります。

 

ですので、概算見積もりはあくまでも「参考資料の一つ」とし、見積もりが送られてきた業者から電話連絡をする業者を選んで、その業者と荷物の種類や量、住所情報を正確に認識合わせをしてから、見積もりを出してもらうことをお勧めします。

 - 未分類

  関連記事

急いでても「安い見積もりの業者」を選ばないで!

仕事で忙しい状況の中でも引っ越しの準備をされている方にとっては、できる限り早く引 …

自分で引っ越しをやったことによる失敗談

単身での引っ越しを検討されている方の中には、「自分一人で引っ越しができるのではな …

珍しい料金体系で低価格の引っ越し業者

「引っ越し業者に支払い引っ越し料金がどうやって決められているか?」というと、基本 …

地域密着型の引っ越し業者ってサービスはどうなの?

引っ越し業者に作業をお願いしようと思うと、真っ先に思い浮かぶのが「テレビCMを流 …

一括見積をする前に準備しておくべき3つの情報

「引っ越し一括見積サービス」を使って、引っ越し業者を選ぼうとされている方もいらっ …

引っ越し料金が安い日や時間帯っていつ?

「急いで引っ越したい!」という方でも、できる限り引っ越しにかかる費用は抑えたいと …

トラブルの少なそうな引っ越し業者の選び方

引っ越しを滞りなく終わらせるには「引っ越し業者選び」が最大のポイントといってもよ …

訪問見積もりと電話見積もりのどちらがいいか?

引っ越し先の物件が決まって、いよいよ引っ越し作業に入ろうとされている方にとっては …

引っ越しは終わった後の方が大変!

引っ越しは準備から当日作業まで非常に大変ですよね。 全ての家具の配置が完了し、段 …

一括見積と一社ずつ電話するのとどっちがいい?

引っ越しすることが決まったので、これから引っ越し業者に連絡をして引っ越し作業をお …